Colorbathが取り組むWeb交流プログラム「DOTS」は、日本とマラウイ・ネパールをオンラインでつなぎ、様々なテーマについて対話を行う国際交流プログラムです。一般的に「発展途上国」と呼ばれる国で生活する“同世代の生徒”と交流をすることにより、生徒たちにとって「遠い外国の人」が「身近な友達」に変わり「もっと友達をつくりたい」という前向きな気持ちへ変化していきます。そして、意見や捉え方の違いにふれ、物事を様々な視点から捉えることの大切さを体感できます。

これまでの活動の中で、私たちは多くの先生方に出会ってきました。どの先生も、「変化が激しい時代」の中で、一人ひとりの生徒と向き合い、絶えず授業づくりの工夫を続けられています。それでも忙しさや幅広い業務対応などから、思うような活かし方ができず、もどかしい思いをするケースも、多くみてきました。

今後は、私たちが積み重ねてきた、「サポートなしでも授業づくりに取り入られる状態を目指すプログラム構成」「先生方にとっても、新たなアイデアや世界と出会うきっかけになる機会づくり」などの強みを活かして、先生方と共に、教育と向き合っていきたいと考えています。

そこで9月から毎月、「DOTS講習会〜『世界とつながる教室』のつくりかた〜」と題して、先生方が主役となり、事例をもとに新しい授業のあり方のアイデアを出し合うオンラインイベントを開催することとしました。

オンラインでの授業づくりや国際交流に興味がある先生方は、ぜひご参加ください。

<これまで扱ってきたテーマ>
・小学校/中学校でのDOTS実践事例
・規模の違う教室におけるDOTS実践事例
・英語の授業、「総合的な探求の時間」における実践事例
・生徒自身の「やりたい」「話したい」を引き出す声がけ
など

現在実施が決まっている日程

11/22(火)20時〜21時半
山口県山口市立柚野木小学校での先行事例を紹介。 僻地の小規模学校ならではの複式学級でのDOTS活用方法取り組みや、大規模校な中学校での実践についても勝間田先生より共有してもらいます。 DOTSの様々な在り方を知ることによって、今後、世界とつながることをきっかけにしながら 新たな授業の在り方への実践として活かす可能性が広がります。

これまでのレポート

第1回 9月23日 諏訪市立城南小学校(長野県)横内先生

DOTSアンバサダー制度

準備中