世界とつながる原体験を

海外に友達はどれくらいいますか。英語が通じた!楽しい!という経験をどれくらいしたことがありますか?英語を話す、自分の意見を言う、海外の人とコミュニケーションを取る、あまり自信がないという人も多いのではないでしょうか。

解決したい課題

「外国人の友だちはほとんどいない」
「英語を実践的に使う機会はほとんどない」
「海外に行くことに興味はあるけれど、自信はない」

社会のグローバル化に合わせて、英語教育の重要性は増し、海外でも活躍できる人材が求められるようになりました。しかしながら、実際に外国人と日常的にやりとりをする機会はほとんどないという方が多いのではないでしょうか。学校現場においても、子どもたちが自分の意見を自分の言葉で、海外の学生とやりとりする機会はなかなかありません。英語を使うこと、外国人とやりとりをすることに自信を持ちにくいという課題があります。

目指していること

私たちは、インターネットを活用したWeb交流プログラムを通して、子どもたちに「世界とつながる原体験」を提供します。同世代の子どもたちが国を超えて交流することにより、世界中に友達がほしい!となり、もっと学びたい、海外に行ってみたい、そんな前向きなモチベーションにつながればと思っています。 特に、公立小学校や中学校、地方部の学校などにおいても、誰もが楽しく体験できるようなプログラム設計をしています。 子どもたちにとって世界がもっと身近なものになり、自信を持って海外に羽ばたいていけるようにサポートします。

Connect the world to make it colorful.

Voice
– 実施した先生の声 –

Very Happy and excited to talk toJapanese Friend

Students from Malawi learn a lot when they see things directly, and they never forget .This activity can make learners work very hard and have interest in school because what they learn in books ,they are able to see with there eyes and what you have seen you never forget. In Malawi one cannot do better without school, so this is a good way of encouraging learners to come to school.
Our message to Japanese people is that you have to know that Malawi people are very proud of you. This kind of relationship should go on. We would like to make more friends in Japan, and if we can have a chance to visit japan, we will be very happy. we love you all.

avatar
Wongani William MvulaKhaputa Teacher Developing Center

Works
– これまでの取り組み –

FAQ
– よくある質問 –

Q
英語を話すことに自信がなくても、Web交流はできますか?
A

現地に日本語ができるファシリテーターもいますし、通訳やフォローをします。英語ができなくても楽しめます。

Process
– 実施までのステップ –

1
Web交流の実施したい概要を整理する

(対象学年、人数、時間、回数、交流の目的、生徒にどうなってほしいか等)

2
問い合わせフォームから相談する

お気軽にご相談ください。

3
Web交流の実施概要の決定

(交流相手、内容、回数、ファシリテーター等)

4
現地の先生との事前打ち合わせ・インターネット回線テスト

(通訳・フォローも入りますので、現地の先生と信頼関係を築きます)

5
Web交流の実施

通訳、ファシリテーションはフォローしますので、楽しみましょう。

Tips
– Web交流を実施したい教育機関の方へ –

Manual

– 交流のポイント –

Pricing Table Image

  • これまで約10年間取り組んできた『Web交流の実施のためのポイント』を整理しています。少しでも参考になれば幸いです。

Report

– 実践者たちの声 –

Pricing Table Image

  • 実施された先生方によるレポートです。学びをシェアし合うことで、子どもたちにとってより良いプログラムを一緒に創っていきましょう。

Web交流の実施のご相談はこちらから

下記フォームから、お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ