Colorbath(カラーバス)効果とは?

”Color bath”とは、「色(Color)を浴びる(Bath)」という意味です。心理学用語として使われており、「特定のものを意識することで、今まで見えていなかったものがみえるようになる」ことを、”Colorbath効果”と言います。
”引き寄せの法則”や、”カクテルパーティ効果”といったことと共に語られることもあります。

つまり、私たちは視界に入ったものを「物理的に目で見ているのではなく、脳で認識している」ということです。みずから意識するようになったとたんにみえるようになるということであって、決して今までになかったものが、急に出てきたりするのではありません。

見たい、知りたいと意識している情報だけが集まってくる。裏返すと、「意識できていないことはみえない」ということです。
情報に溢れているいまの社会において、自分の目で見て、頭を使って考え、他社との対話を通して多様な考え方を深めていくことではじめて、みえるものがあるのではないかと考えています。

Colorbathの考え

直接話を聞いてみる。自分ごととして考えてみる。実際に行動してみる。

こういったプロセスを経ることで、「見えなかったものがみえるようになる」と考えています。

自分の脳は今まで何を見てきて、そして、これから何をみようとしているのか。
「どの色を浴びるか」ということが、人生を彩り、形づくっていくのではないかと思います。

そして、多様な人とのつながりを通してこそ、「自分という存在」にも意識を向けて、少しずつ自分のことがみえるようになってくると考えています。

自分にはこれはできない。
新しいことに取り組む自信がない。
周りの人に比べて自分は強みが何もない。
失敗したらどうしよう。

これらは、「自分という存在に対する偏見」ではないでしょうか。

 

「自分の色」に、気づく

自分という存在をもっと大切にして、自分がすでにもっている「色」に気づくきっかけになれたら、とても嬉しいです。Colorbathカレッジでは、イノベーティブな活動家の方々のお話から刺激を受けたり、新たな視点をもらうことで、「他者から色をつけてもらっている」と思われる方もいると思います。

ただ私たちは、他者から色をつけてもらうのではなく、「すでに持っている自分自身の色に、自ら気づくこと」を大切にして、みなさんとの対話を深めていきたいと思っています。

新たな出逢いやつながりを通して、自らの色に気づく。

Colorbathは、多くの人々が、自分や他者、社会に対する偏った見方に気づき、認め、許し、そしてつながることで、じわじわと、この社会を一緒に彩っていくことで、優しくてあたたかい社会を実現することを目指しています。

今後も様々なテーマで、イノベーティブな活動をされているカラライザーの方々をお招きし、自らの偏った見方に気づき、物事の本質を理解し、あたたかい人とのつながりを通して、一歩踏み出すきっかけを創っていきます。